post

☆明日5月21日(木曜日)厚生労働委員会で質問に立ちます☆

いつも応援ありがとうございます。

新型コロナの影響でさまざまな生活不安を抱えながら、慣れない「不自由」に耐え忍ぶ日々は続きますね。

さて明日5月21日(木曜日)、石橋議員が厚生労働委員会で質問を行います!

議題は政府提出の「年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部改正案」です。

石橋議員の質問時間は11:00~12:00(1時間)の予定です。

なお、現時点での石橋議員の質問予定項目は以下の通りです。

  • 1.新型コロナウイルス感染症対策に関連する事項について
  • (1) 特別定額給付金のホームレスやネットカフェ難民、及び仮放免中や何らかの理由で住民基本台帳に記載のない外国人への給付確保について
  • (2) 妊娠中の労働者の保護強化について
  • (3) 介護崩壊を防ぐための介護事業者/従事者への緊急支援について
  • (4) 障害者福祉就労施設(A型/B型)の継続維持のための緊急支援について 
  • 2.年金財政検証(2019)の結果について
  • (1) 経済前提の妥当性。特に、TFP上昇率や賃金上昇率がマイナスになるシナリオがないのは問題ではないのか?
  • (2) 2019年金財政検証の結果は、将来、相対的貧困状態に陥る高齢者(特に単身高齢者、女性高齢者)の数/割合が、どのように推移していくという将来予測を示しているのか?
  • (3) 高齢者の貧困率等の指標が、本改正案によってどれだけ改善されるのか? 公的年金の十分性を高めることで国民の老後/高齢期の安心を確保することこそ、本法案の目的ではないのか? 
  • 3.社会保険のさらなる適用拡大について
  • (1) 今回の法案でも適用拡大の対象になっていない①従業員50人以下の企業で働く労働者、②週労働時間20時間未満の短時間労働者、③賃金要件を満たさない労働者には、社会保険を適用しなくてもいいと考えているのか、適用しなくてもいいと判断している合理的な理由とはなにか?
  • (2) 「兼業・副業」によって「複数の雇用関係に基づき複数の事業所で勤務する者が、いずれの事業所においても単独では適用要件を満たさないが、労働時間等を合算して適用要件を満たす」場合には社会保険の適用になるという理解でよいか? もしならないとすると、先の雇用保険法改正との整合性がとれないのではないか?
  • (3) 現行制度上、個人事業所における強制適用の範囲は、法定16業種に該当し、かつ常時5人以上の従業員を使用する者に限られているが、この16業種は1953年以来、一度も見直されていない。今回、10士業を追加する一方で、16業種は見直さない合理的な理由はなにか?
  • 4.基礎年金の底上げについて
  • (1) 2014年財政検証(オプション試算)以来、「保険料拠出期間の延長」が基礎年金水準の底上げに有効との結果が出ているにもかかわらず、それが今回も導入されなかった理由はなんなのか?
  • (2) 2019年財政検証の結果を踏まえ、給付の十分性をどう評価しているのか?
    最低保障機能を強化し直す必要があるのではないか? 例えば、基礎年金をマクロ経済スライドの対象から外すなり、そのために高所得者の基礎年金を一定水準から減額/カットするクローバック制度を導入するなり、制度改革を検討すべきではないか?
  • (3) 年金生活者支援給付金の給付額は、その目的に合致した水準になっているのか? 低年金者の底上げを考えるのであれば、むしろ定額の給付とすべきではないか?
  • (4) 現状、高齢者世帯(特に単身の女性高齢者世帯)における生活保護受給世帯/者が増加しているが、その理由はなんなのか? 公的年金の最低保障機能の不全/劣化が大きく影響しているのではないか? また、今後、中長期的に生活保護受給高齢者世帯がどう推移していくと分析しているのか? その改善策は今回の法案で図られているのか?

質疑の模様は、下記のインターネット中継でご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php

明日も応援宜しくお願いします。

post

☆明日5月14日(木曜日)厚生労働委員会で質問に立ちます☆

いつも応援ありがとうございます。

5月末までの緊急事態宣言の延長が発表され(明日には解除される県もでてきそうですが)、新型コロナウイルスとの戦いはいよいよ長期戦になってきました。

さて、明日5月14日(木曜日)、石橋議員が厚生労働委員会で質問を行います!

■議題はコロナ対策を念頭に置いた一般質疑です。

■石橋議員の質問時間は11:20~12:00(40分間)の予定です。

■なお、現時点での石橋議員の質問予定項目は以下の通りです。

1.「持続化給付金」の支給対象から風俗業等従事者が除外されている問題、及び、確定申告で給与所得申告していたフリーランサー等が支給対象から外れてしまう問題について雇用調整助成金の支給までの期間の短縮について

2.ウーバー・イーツ配達員で交通事故等が発生している問題について。加えて、雇用保険への加入や、安全講習/安全対策の義務など

3.学生アルバイトへの休業手当や失業給付(と同等の給付金)の支払など、直接的な支援・救済策、及び学生バイトを住居確保給付金の支給対象に加えたことの周知徹底について

4.ホームレス、ネットカフェ難民等対策、特に住まいの確保の状況/実態について

5.「生活福祉資金緊急貸付(緊急小口資金及び総合支援資金)」の申請/給付状況と今後のさらなる拡充について(返済免除対象など)

6.今年1月〜3月期の児童虐待件数の増加と新型コロナ/学校休校措置等の影響、児童虐待防止対策の強化、児童虐待が行われている際の定額給付金支給等について

7.母子保健法の健康管理措置に基づく医師等の指導の下で休業した妊婦への手当の支払いについて

8.自殺対策の強化について

9.介護崩壊の抑止について

10.厚労省『日雇労働者等技能講習事業』における「東京しごと応援団」の不正受給問題について、不正受給の内容及び長期に渡って杜撰なチェックが行われていた理由等

質疑の模様は、下記のインターネット中継でご覧頂けます↓

明日も応援宜しくお願いします!

post

☆5月11日(月曜日)予算委員会で質問に立ちます☆

いつも応援ありがとうございす。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が非常に大きく、社会的にも大きな変化が出てきています外出を自粛したり、他の人と外ではあまり会話しないようにしたり。これまで当たり前だったことが、今は当たり前ではありません。今まで普通にできていたことが、今はできません。その反動なのか、最近は色々なことに「ありがたみ」を感じるようになりました。

さて、5月11日(月曜日)、予算委員会で石橋議員が質問を行います!

石橋議員の質問時刻は 13:42~14:08(26分間)の予定です。

テーマは、「新型コロナウイルス感染症への対処等」に対する集中審議です。安倍総理も出席しNHKテレビの生中継も行われることになっています。

現時点の質問予定項目は、以下の通りです。

1.緊急事態宣言の延長判断と解除条件について

2.新型コロナの影響ですでに職を失うなど収入/生計手段を断たれている困窮者への支援を緊急的に強化する必要性について

3.これ以上の失業者を出さないための雇用調整助成金の一層の拡充/てこ入れについて

4.個人事業主/フリーランス/学生アルバイトの方々への支援策について

※質問時間は目安です。

なお、質疑の模様は、下記のインターネット中継でもご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php

今日も応援宜しくお願いします。

☆本日5月4日(月曜日)議院運営委員会で質問に立ちます☆

いつも応援ありがとうございます*

さて、本日5月4日(月)15時から開催される、議院運営委員会において、石橋議員が質問にたちます。

(NHKテレビの生中継も予定されています)

 

 議題は「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の延長」についてです。

 

冒頭、政府から延長についての報告・説明があり、自民党から5分質疑がなされた後に、野党のトップバッターとして質問を行います。

持ち時間が、往復7分と短い時間ではありますが、是非、応援をよろしくお願いします。

 

質疑の模様は、下記のインターネット中継でご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php

post

☆明日4月16日(木曜日)厚生労働委員会で質問に立ちます☆

いつも応援ありがとうございます。

今日は東京ディズニーランドの開園記念日です♪37年前の4月15日に「夢の国」がスタートしたんです♪残念ながら、現在は臨時休園中で、再開については5月中旬に判断するそうです☆1日も早く新型コロナウイルス感染症問題が終息し、「夢の国」に世代を超えた多くの人たちの笑顔と笑い声が満ち溢れることを願っています♪この気持ち、私だけじゃないですよね☆

さて、明日4月16日(木曜日)、石橋議員が厚生労働委員会で質問を行います!

■石橋議員の質問時刻は 10:00~10:40(40分間)の予定です。

■案件は新型コロナウイルス感染症問題を念頭に置いた「一般質疑」です。

石橋議員は、明日の厚労委では、与野党を通じたトップバッターとして、質問を行います。

なお、石橋議員の質問予定項目は、以下の通りです。

    1. 緊急事態宣言に基づく休業要請/指示に応じて休業した場合の従業員への休業手当の支払義務(労基法26条)の扱いについて。
    2. 「雇用調整助成金」の特例措置に関し、助成上限額(1人1日8330円)の引き上げの必要性について。
    3. ロイヤルリムジングループの600人解雇問題について。
    4. 雇用保険の失業等給付の拡充の必要性等について。
    5. 国民生活に必要な物流を支えるトラック運輸や宅配業界の労働者が、マスク不足に直面したり、謂われのない差別に苦しんでいる現状への対策について。
    6. 「生活福祉資金緊急貸付(緊急小口資金及び総合支援資金)」について。
    7. 「ネットカフェ難民」への支援措置並びに「住宅確保給付金」の拡充について。
    8. 繊維・衣服関係の外国人技能実習生に関する、緊急措置としてマスクの製造への従事について。
    9. 「生活支援臨時給付金」の諸問題について。
    10. 「持続化給付金」の対象者等について。
    11. 「児童手当」及び「児童扶養手当」の拡充等について。
    12. PCR検査の実施の現状と改善について。
    13. 新型コロナ対策としてのオンライン診療について

質疑の模様は、下記のインターネット中継でご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php

明日も応援宜しくお願いします。

post

☆本日3月30日(月曜日)厚生労働委員会で質問に立ちます☆

いつも応援ありがとうございます。東京は週末季節外れの雪が降り寒かったですね。皆さまお体くれぐれもご自愛下さいね。

さて、本日3月30日(月曜日)、石橋議員が厚生労働委員会で質問を行います!

■議題は「雇用保険法等の一部改正案」についてです。

本来、厚生労働委員会の定例日は火曜日・木曜日ですが、年度末ということもあり、本日、例外的に参考人質疑が開催されます。

 ■13時から以下の4人の参考人が15分ずつ意見陳述を行い、これを受け、石橋議員が 14:15~14:30(15分間)、参考人に対する質問を行う予定です。

(出席予定の参考人)

 ・日本商工会議所産業政策第二部長 湊元良明

 ・東京大学社会科学研究所教授 玄田有史

 ・日本労働組合総連合会副事務局長 石田昭浩

 ・日本労働弁護団幹事長 水野英樹

質疑の模様は、下記のインターネット中継でご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php

post

☆明日3月27日(金曜日)予算委員会で質問に立ちます☆

いつも応援ありがとうございます。

海外では、コロナ対策として厳しい措置がとられる中、東京都もやっと外出自粛要請と、平日の在宅勤務要請を初めて出しましたが、私の駅の通勤風景は大きく変わっているようには見えませんでした・・・・

さて、明日3月27日(金曜日)、予算委員会で質問を行います!

石橋議員の質問時刻は 9:12~9:45(33分間)の予定です。

■明日の参議院予算委員会では、朝9時から3時間の質疑が行われた後、質疑終局となり、2020年度政府予算案の採決が行われます。3月2日から始まった参議院予算委員会の審議も、いよいよ大詰めを迎えます。石橋議員は最終日の野党のトップバッターとして、安倍総理をはじめ関係大臣に質問をします。

■なお、明日の石橋議員の質問予定項目は、以下の通りです。

 <新型コロナウイルス感染症対策関連>

1)東京オリンピック・パラリンピックの1年程度延期の判断根拠と開催時期について

2)新型コロナウイルス感染症(Covid-19)の世界的な感染の拡がりの現状と今後の予測/推測、過去の世界的に流行した主な感染症との現時点での比較、世界的に収束までにかかる期間の予測、など

3)東京都における感染者の拡大とクラスター/オーバーシュートの発生状況についての認識、ロックダウン(首都封鎖)の可能性とその波及リスク、都内の感染症病床の確保状況、など

4)新型コロナウイルス感染症の影響ですでに雇用や生計手段を失った労働者や個人事業主に対する直接的かつ大胆な支援策の実施内容/状況と今後の具体策について

5)マスクや消毒液の確保状況と医療・介護・保育・児童施設等への優先供給の現状について

6)公務・公共・教育現場の非常勤職員の雇用及び生計維持の確保状況(3月4日予算委での石橋議員の指摘/要請を受けた対応状況)

7)世界最先端IT国家を標榜する安倍政権としてのITを活用した対新型コロナウイルス対策

<現下の情勢における国の歳出の優先順位と大型の緊急経済対策の考え方について>

1)新型コロナウイルス感染症対策に必要かつ十分な資源/予算を投入するため、カジノ関連予算や、オリンピック関連予算、不急の防衛装備品購入予算などをすべて新型コロナ対策予算として投入する必要性についての見解

2)辺野古新基地建設で辺野古/大浦湾の自然環境破壊に莫大な予算を投入するのではなく、感染症対策や気候変動対策にこそ予算を投入すべき

<安倍政権下での政治の私物化疑惑に自ら終止符を打つ必要性について>

1)河井あんり参議院議員及び河井克行衆議院議員(前法務大臣)の秘書二名が起訴された問題について

2)森友学園問題や加計学園問題、桜を見る会疑惑などなど、一連の政治の私物化疑惑の真相究明、安倍総理自身の潔白証明に対する安倍総理の責任と義務について

質疑の模様は、下記のインターネット中継でご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php 

明日も応援も宜しくお願いします。

post

☆明日3月26日(木曜日)厚生労働委員会で質問に立ちます☆

いつも応援ありがとうございます。

今夏に開催する予定だった東京オリンピック(五輪)・パラリンピックが1年程度延期されることが決まりましたね。近代オリンピック(五輪)が延期になった例は過去にはないようです。中止になったことは夏冬合わせて5回あり、いずれも戦争が理由だったようです。5回中、2回は日本で開催される予定だった大会だったようです・・・

さて、明日3月26日(木曜日)、石橋議員が厚生労働委員会で質問を行います!

石橋議員の質問時刻は 13:20~14:05(45分間)の予定です。

■案件は政府提出の「雇用保険法等の一部改正案」です。同法案は、既に衆議院で立憲民主党も賛成して可決、参議院に送付されたものですが、懸念点も残されており、丁寧な審議が必要となります。そのため、来週の月曜日には有識者の出席のもとで参考人質疑を行うとともに、翌火曜日(3月31日)にも再度の対政府質疑を行う予定です。

なお、明日の石橋議員の質問予定項目は、以下の通りです。

《高年齢者雇用安定法改正案関連》

1.現行法の65歳までの雇用確保措置の実効性について:

2.高年齢雇用の確保にあたっての労働者の意思や希望の尊重について

3.70歳までの雇用機会確保のあり方について

4.創業支援等措置(業務委託契約や有償ボランティアなど)の問題について

5.三つの雇用継続措置と他企業での雇用確保について

《労災保険法改正案》

6.70歳までの雇用/就労が努力義務化されることで、今後、今まで以上に高齢者の就労者が増加していくことになるが、そうなると、安全衛生確保措置や労災認定基準などについても、より高齢者の就労環境に相応しい内容/基準に変えていく検討・措置が早急に必要なのではないか?

7.労災保険の特別加入制度は、加入出来る業種や地域が細かく定められており、概要業種/地域でなければ加入出来ないが、この点についてどのように考えているのか?

《雇用保険法改正案》

8.新型コロナウイルス感染症により、雇用面でも深刻な影響が生じており、今後、大胆な雇用維持/生計維持対策や失業者対策等が必要不可欠な状態となっている。本法案が建議された状況とまったく異なっているわけだが、保険料率や国庫負担の引き下げについて、そのままでいいのか? 政府与党自ら修正すべきではないか?

9.すでに発表された雇用対策において、財源が雇用保険二事業となっているが、本来、一般会計から拠出されるべき対策ではないのか?

10.国庫負担の引き下げなどは、前回の雇用保険法改正の際にも附帯決議で厳に3年に限定すべきとしていたにもかかわらず、その国会決議を無視するとはなにごとか?

11.マルチジョブホルダーへの雇用保険適用について、なぜ年齢層による区分けを行うのか? 本来は、広くマルチジョブホルダーの就業者に対して適用を図るべきではないのか? いつ、どのような条件が整えば、65歳以下にも適用拡大するのか?

質疑の模様は、下記のインターネット中継でご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php 

明日も応援宜しくお願いします。

post

☆明日3月24日 (火曜日)厚生労働委員会で質問に立ちます☆

いつも応援ありがとうございます。

東京の桜は週末の陽気で一気に咲き進みましたね♪今年は花見の自粛が広がってますが、私は自宅で桜を楽しんでます♪週末、お花屋さんで、桜の枝と花瓶などを組み合わせた商品を見つけて、思わず購入してしまいました笑。自粛ばかりだと気分も落ち込むので家の中で気兼ねせずに桜を満喫できるのでお勧めですよ☆

さて、明日3月24日(火曜日)、石橋議員が厚生労働委員会で質問を行います!

■石橋議員の質問時刻は 10:00~10:40(40分間)の予定です。

■案件は政府提出の「労働基準法の一部改正案」です。同法案は、既に衆議院で立憲民主党も賛成して可決、参議院に送付されたものです。

石橋議員は、明日の厚労委では、与野党を通じたトップバッターとして、質問を行います。

なお、石橋議員の質問予定項目は、以下の通りです。

  1. 今まで民法の短期消滅時効(1年)より労働者の賃金請求権(2年)をより厚く保護していた理由とはなにか?
  2. その大切な労働者の権利としての賃金請求権を、今回、民法上の権利より劣後させることの正当な理由とはなんなのか?(※法案の提案理由で述べた「権利関係の安定や企業の労務管理の実務に影響を与える影響等」を具体的に説明されたい)
  3. 109条の賃金台帳等の5年保存の対象に含まれるものはなにか? 派遣元台帳・派遣先台帳などは含まれるのか?(別途派遣法の改正などで措置するのか?)
  4. 賃金台帳などの保存期間をも当分の間、原則の5年ではなく3年と短縮する理由・根拠はなにか?
  5. 労働者からの請求によって時効が停止または中断している賃金債権に係る記録については、当然、保存期間が延長になるという理解でよいか?
  6. 労働者の権利を劣後させる期間は、当然ながら、最小限に留め、早期に原則に戻すべきではないか? 143条の「当分の間」とはどれだけの期間か?(143条関連)
  7. 115条の「これを行使することができる時」とはいかなる時か? 主観的起算点と客観的起算点の違い、特に両者の法的効果の違いはなにか?
  8. 同じく115条の「賃金」に含まれるもの(5年請求権の対象)は具体的になにか?また、災害補償その他の請求権に含まれるもの(2年請求権の対象)はなにか?
    本法案で、災害補償請求権を現行2年のままとした合理的理由はなんなのか?
    業務起因の精神疾患など、2年のうちに請求できない事案はあるのではないか?
  9. 国家公務員など労働基準法の適用が及ばない労働者/就労者への適用はどうなるのか? 個人事業主やフリーランサーなど雇用契約によらない働き方の就労者については民法の5年規定が適用されるのか?
  10. そもそも賃金の未払いを発生させないことが肝要であり、そのための対応を徹底・強化するとともに、意図して未払い賃金を発生させた使用者/事業者については厳罰に処す(罰則の強化を含めて)べきではないか?                   

質疑の模様は、下記のインターネット中継でご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php

明日も応援宜しくお願いします。

post

☆明日3月19日(木曜日)2つの委員会で質問に立ちます☆

いつも応援ありがとうございます。いまだ収束する様子のない新型コロナウイルスによる“自粛ムード”で気分が凹みますね・・・

さて、明日3月19日(木曜日)、石橋議員が2つの委員会で質問を行います!

[午前] 沖縄及び北方問題に関する特別委員会

■石橋議員の質問時刻は 10:20~10:40(20分間)の予定です。

案件は予算委員会委嘱審査で、衛藤晟一特命担当大臣他に対して、沖縄及び北方問題に関する幅広い質問が可能です。

 なお、石橋議員の質問予定項目は、以下の通りです。

1.北方基金の取り崩しと今後の基金事業の実施計画・課題について

2.漁船等の拿捕の実態と今後の対策について

3.沖縄振興一括交付金の活用状況・有用性についての評価と、一括交付金予算の度重なる大幅減額について

4.宮古島のオーバーツーリズムと保良地区における弾薬庫建設問題について

[午後] 厚生労働委員会

■石橋議員の質問時刻は 14:00~14:40(40分間)の予定です。

案件は加藤厚生労働大臣の所信に対する質疑で、厚生労働行政全般についての質問が可能です。本来、この質疑は先週の木曜日に予定されていましたが、森法務大臣の暴言により、国会が不正常となり、流会となっていました。

なお、石橋議員の質問予定項目は、以下の通りです。 

1.新型コロナウイルス感染症対策について

  1. 厚労省における意思決定プロセスの議事録保存について
  2. 厚労省が某テレビ番組を名指しで反論のツイッターを掲載し、その反論が不正確であったことからその後に訂正していた問題について
  3. クラスター感染の発生状況とPCR検査の拡充について
  4. 新型コロナウイルス感染症の影響で解雇、雇い止め、無給の自宅待機、契約解除等を強いられている労働者への支援策について
  5. 小学校休校措置延長の場合の保育園等の対応と、保護者の育児休業の延長について
  6. 外国人技能実習生が来日/帰国できなくなっている問題について   ※3月17日の参議院予算委員会における石橋議員の質疑での積み残し事項や18日の厚労委員会(予算委嘱審査)での会派所属議員の質疑事項についても質問する可能性あり

2.働き方改革関連法の施行状況/運用の実態と、同一労働同一賃金の施行準備状況について

  1. 最低5日間の取得が義務化された「有給休暇」の取得について、偽装行為が横行していると伝えられている問題について。
  2. 4月から施行される「同一労働同一賃金」の準備状況及び企業の対応状況について。特に、派遣労働者(事業者)への適用に関し、派遣元労使協定方式を採用する派遣事業者が、従業員代表の選出を民主的かつ適正に実施しているのか否かの担保状況、など。
  3. 非正規雇用対策の各種施策の実績について。特に、キャリアップ助成金がほとんど利用されていない(効果を発揮していない)と指摘されている問題について。
  4. 雇用偽装問題(事業主による雇用者責任逃れのための労働者の個人事業主化/フリーランサー化)の拡大についての認識と、政府としての対処策について。特に、ベルコ事案やウーバー・イーツ事案についての問題認識と、我が国での労働者保護の観点からの検討について、など。

3.年金財政検証(2019)の結果、将来、特に基礎年金のみ受給者の年金水準が大きく切り下がり、低年金者・無年金者が拡大する懸念が強まっている問題について

質疑の模様は、下記のインターネット中継でご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php

※質問時間は目安です。

明日も応援宜しくお願いします。