post

☆明日6月4日(木曜日)厚生労働委員会で質問に立ちます☆

いつも応援ありがとうございます。コロナで生活が一変してしまいましたね。これまで当たり前だったことが、今は当たり前ではありません。今まで普通にできていたことが、今はできません。その反動なのか、最近はいろいろなことに「ありがたみ」を感じるようになりました。

さて、明日6月4日(木曜日)、参議院厚生労働委員会で、石橋議員が質問を行います! 

■議題は、昨日同様に、政府提出の「社会福祉法等の一部改正案」です。

■石橋議員の質問時間は16:00~16:35(35分間)の予定です。

なお、現時点での石橋議員の質問予定項目は以下の通りです。

1.困窮者への相談事業の実施件数及び生活保護の申請件数の推移と各窓口体制の強化の必要性等について(コロナ関連)

2.介護福祉士及び介護人材の処遇改善の実状/実態について。過去10年の介護福祉士とその他の介護人材それぞれの賃金/所得上昇データと今後の見通し、など。

3.養成施設ルートの外国人留学生の合格率が著しく低い理由/原因について。来日時/卒業時の日本語能力、来日時の支弁能力チェック、入学後の就労実態など。

4.福祉系高校の学校数/生徒数が大きく減少してきた理由/原因と、それについての問題/課題認識、及び今後の対策/方針について。

5.「介護福祉士等修学資金貸付制度」の概要と利用状況、及び、福祉系高校の学生たちがその対象外とされている理由と改善策について。

6.介護分野への外国人材招聘ルートの乱立と今後の中・長期的な方針について。

7.医療・介護のデータ基盤整備の推進について。今回の法案に含まれた施策によって、いかなる現状の問題/課題が解決/改善され、それが国民/利用者にいかなる具体的なメリットをもたらすのか?

質疑の模様は、下記のインターネット中継でご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php    

明日も応援宜しくお願いします。

 

 

post

☆明日6月2日(火曜日)厚生労働委員会で質問に立ちます☆

いつも応援ありがとうございます。春から夏に移り変わるシーズンにおいては、梅雨が訪れますね。何だジメジメして少し憂うつな時期ですが、恵みの雨をもたらしてくれたり、さまざまなものを洗い流してくれたりする、有難い気候でもあります。

さて、明日6月2日(火曜日)、参議院厚生労働委員会で、石橋議員が質問を行います! 

議題は政府提出の「社会福祉法等の一部改正案」です。

石橋議員の質問時間は11:45~12:35(50分間)の予定です。

なお、現時点での石橋議員の質問予定項目は以下の通りです。

1.新型コロナウイルス感染症対策に関連する事項について

(1)第2次補正予算案における雇用維持/休業者/失業者支援策について

①新たな休業者給付の対象と給付額、及び申請/支給方法は?

②失業給付の特例(給付日額の延長だけなのか?)

③保育士の休業に関わる諸問題等について            

2.市町村の包括的な支援体制の構築支援について

(1)「重層的支援体制」に含まれる支援、含まれない支援(引き続き単独での支援が維持される制度があるのか、あるとすればなにか)

(2)既存の個別の支援制度それぞれの体制(人員)と財政規模(予算額:国/地方)と主な担い手

(3)重層的支援体制を支えるために必要な体制(人員)と財政規模(予算額:国/地方)(※上記(2)の総計より大きくなるのか、小さくなるのか、変わらないのか)

(4)重層的支援体制を支えるために必要な人員、多分野に対応可能な専門家の確保、育成/養成

(5)それらの人員/専門家が安心して従事し、キャリアアップをしていくために必要な処遇(改善)、キャリアパス

(6)重層的支援体制を整備することで、逆に既存の支援体制/組織が不要となり、倒産/廃業/解散するような事態は招かないか

(7)現状の各制度における地域間格差の現状と、その格差の理由/原因、今回の重層的支援体制の整備でその格差がかえって拡大する懸念はないのか

3.介護人材確保及び業務効率化の取り組み強化について

(1)第7期介護保険事業計画に基づく介護人材の必要数では、2020年度216万人となっているが、確保されているのか? 実態/実状は如何。

(2)216万人の内訳。うち介護福祉士(国家試験合格者)の数は?うち何人を外国人人材で確保する計画か? その内訳は(EPA、技能実習生、留学生等)?

(3)介護福祉士(資格保持者)及びそれ以外の介護人材(従事者)の賃金の上昇状況(過去10年程度)と今後の賃上げ見通し

(4)重層的支援体制整備における介護福祉士(または介護従事者)の役割/位置付け、及びそのための処遇のさらなる改善/キャリアップ/働き甲斐の確保

(5)介護福祉士の養成ルートの現状、それぞれの養成ルート毎の養成施設の数と推移、及びそれぞれの入学者/修了者・卒業生/国家資格受験者/合格者(合格率)/資格取得者/就職者(介護福祉士として活躍中の者の数)の推移(過去10年程度の推移と現時点、今後の見通し)(特に養成校と福祉系高校の推移を詳細に)

(6)福祉系高校の数が大きく減少し、入学者/卒業者が減少している理由(数については上記(5)で回答のこと)、福祉系高校に対する予算措置の推移、福祉系高校卒業生の国家資格合格率(受験が義務付けられていると理解)と介護福祉施設への就職率(地元就職率)

(7)介護福祉士養成施設卒業者への国家試験義務付けの経過措置延長の合理的根拠。社会保障審議会福祉部会では反対多数であったことの事実関係と、それがなぜ「両論併記」になり、延長という結論になったのかの合理的な説明。また、延長がかえって介護福祉士の地位向上を阻害し、若年者における志望者のさらなる減少、国内人材のさらなる不足につながってしまうという懸念に対する厚労省の合理的な反論

(8)新型コロナ感染症対策としてのマスク、消毒液等衛生用品の不足状況、これまでの優先供給の実績、今後の配付/供給予定

4.医療・介護のデータ基盤整備の推進について

(1)これまで政府が実施してきた医療・介護データ(情報)連携関連事業の経緯、投入予算額、及びその成果/結果/現状/課題

(2)医療・介護データ(情報)連携の現状(全国の医療機関/介護施設等のオンライン化/デジタル化/データ連係参加・利用の実態、等)

(3)本法案におけるデータ基盤整備によってなにがどこまで推進され、国民(患者/利用者)にとっていかなる利益(メリット)が具体的に実現されるのか? 

質疑の模様は、下記のインターネット中継でご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php

明日も応援宜しくお願いします。

post

☆明日5月28日(木曜日)厚生労働委員会で質問に立ちます☆

いつも応援ありがとうございます。 緊急事態宣言が全国で解除されてコロナと生きる「新しい日常が」始まりましたね。しかし第2波に備えて気は抜けない手探りな日常が始まりました。

さて、明日5月28日(木曜日)、参議院厚生労働委員会で、石橋議員が質問を行います! 

議題は政府提出の「年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部改正案」です。

■石橋議員の質問時間は11:40~12:20(40分間)の予定です。

 ■なお、現時点での石橋議員の質問予定項目は以下の通りです。

1.新型コロナウイルス感染症対策に関連する事項について

2.国民年金基金連合会(国基連)による手数料の現状と今後の見直しについて

3.企業型DC、iDeCo、国民年金基金の運用状況について

4.年金積立金の運用について 

質疑の模様は、下記のインターネット中継でご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php

明日も応援宜しくお願いします。

 

post

☆明日5月26日(火曜日)厚生労働委員会で質問に立ちます☆

いつも応援ありがとうございます。緊急事態宣言がついに全解除されますね。しかし第2波、第3波は必ずくると言われてます。引き続き気を緩めることなく生活していかなくてはいけないと思います。

さて、明日5月26日(火曜日)、厚生労働委員会で、石橋議員が1日2回の質問を行います!うち1回は安倍総理への質問です!

石橋議員の質問時間は以下の予定です。

①14:00~14:30 (30分間)※対政府質問

②15:10~15:32 (22分間)※対安倍総理質問

なお、現時点での石橋議員の質問予定項目は以下の通りです。

 ①14:00~14:30 ※対政府質問

1.新型コロナウイルス感染症対策に関連する事項について 

  (1)雇用調整助成金に係る問題点等について

2.厚生年金未適用事業所における適用促進について

  (1)厚生年金適用の可能性がある方々で適用されずに取り残されている方々の数は?(約156万人との政府推計)

  (2)国内のすべての強制適用事業所とその適用状況を政府(または日本年金機構)は把握しているのか否か?

3.日本年金機構の体制の現状と課題、今後の体制強化について

 (1)本法案において日本年金機構の調査権限の強化が提案されているが、これでどれだけ未適用事業所での適用などが前進すると考えているのか?

 (2)年金情報漏洩問題やSAY企画問題などの経緯もあり、かねてから日本年金機構の量的・質的な体制強化を訴えてきたが、現状はどうなっているのか? 基本計画に基づく定員管理や外注化推進方針は見直されたのか? 特定業務契約職員やアシスタント契約職員の採用、外部への業務委託の実態を併せて説明されたい。

4.企業年金・個人年金について

 (1)年金の給付水準が中長期的に低下し、十分性が損なわれていく中で、政府が今回の法案でも企業年金や個人年金を積極的に推進する目的、それらに税制上の優遇措置を講じて誘導する根拠/狙いは何か?

 (2)現状、企業年金や個人年金に加入できている労働者の数/割合は?

 (3)そもそも、企業年金や個人年金によって、どれだけ老後資金を賄う想定なのか? 逆に、それがなければ、どれだけ老後資金が不足するのか?

 (4)中小零細企業における企業年金の実施率や、パート/有期/派遣/嘱託など非正規雇用で働く者の企業年金や退職一時金制度のカバー率はどうなっているか? 結局、税制上の優遇措置など、恩恵を受けているのは比較的大企業の恵まれた正規労働者だけではないのか?

 (5)つまり、相対的に企業年金や個人年金のウエイトが高まることで、公的年金制度による所得再分配機能が一層低下し、高齢期の格差拡大を助長する結果につながるのではないか?

 (6)「同一労働同一賃金」が施行されたが、非正規雇用で働いている労働者への企業年金について、法改正はないのか? 今回の制度改正で、最も安心確保の対策が必要な非正規雇用労働者への対応が十分であるとの認識なのか?

5,iDeCo等の諸問題について

 (1)iDeCo+の普及促進と労働者へのメリット/デメリットについて

 (2)iDeCo等の手数料問題について

 (3)国民年金基金連合会(国基連)による手数料の現状と今後の見直しについて

 (4)iDeCoに関する投資教育の現状と課題について

 (5)企業型DC、iDeCo、国民年金基金の運用状況、及び損失の場合の補填について

 

②15:10~15:32 ※対安倍総理質問

1.新型コロナウイルス感染症対策に関連して

  (1) 黒川(前)東京高検検事長が緊急事態宣言の最中、数次に渡って記者との賭け麻雀に興じ、かつその都度、交通費など便宜供与を受けていた問題について

  (2) 緊急事態宣言の全面解除の科学的・数学的根拠(特に北海道及び神奈川の判断)と第二次補正予算の焦点について

2.国民年金法等改正案について

 (1)今回の法案では適用拡大において企業規模要件が撤廃されず、拡大が限定的なため、高齢者、とりわけ単身女性高齢者の貧困率はほとんど改善されない。これでは老後不安の解消にはつながらないが、なぜ安倍総理は、最低保障機能の強化など抜本的な解決策を本法案に盛り込まなかったのか?

 (2)問題は、2019年財政検証の経済前提が甘すぎたことであり、あらためてTFPや実質賃金がマイナスのシナリオも試算に含めるとともに、今回の新型コロナの影響も考慮に入れる形で、2024年を待たず、財政検証をやり直すべきではないか?

 (3)国家公務員法改正案の今国会での成立を断念し、かつ法案自体を見直すとの報道もあるが、公務員の退職年齢と年金支給開始年齢との接続確保という観点からも、公務員の定年延長自体は必要なのではないのか?

 

質疑の模様は、下記のインターネット中継でご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php

明日も応援宜しくお願いします。

 

 

post

☆明日5月21日(木曜日)厚生労働委員会で質問に立ちます☆

いつも応援ありがとうございます。

新型コロナの影響でさまざまな生活不安を抱えながら、慣れない「不自由」に耐え忍ぶ日々は続きますね。

さて明日5月21日(木曜日)、石橋議員が厚生労働委員会で質問を行います!

議題は政府提出の「年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部改正案」です。

石橋議員の質問時間は11:00~12:00(1時間)の予定です。

なお、現時点での石橋議員の質問予定項目は以下の通りです。

  • 1.新型コロナウイルス感染症対策に関連する事項について
  • (1) 特別定額給付金のホームレスやネットカフェ難民、及び仮放免中や何らかの理由で住民基本台帳に記載のない外国人への給付確保について
  • (2) 妊娠中の労働者の保護強化について
  • (3) 介護崩壊を防ぐための介護事業者/従事者への緊急支援について
  • (4) 障害者福祉就労施設(A型/B型)の継続維持のための緊急支援について 
  • 2.年金財政検証(2019)の結果について
  • (1) 経済前提の妥当性。特に、TFP上昇率や賃金上昇率がマイナスになるシナリオがないのは問題ではないのか?
  • (2) 2019年金財政検証の結果は、将来、相対的貧困状態に陥る高齢者(特に単身高齢者、女性高齢者)の数/割合が、どのように推移していくという将来予測を示しているのか?
  • (3) 高齢者の貧困率等の指標が、本改正案によってどれだけ改善されるのか? 公的年金の十分性を高めることで国民の老後/高齢期の安心を確保することこそ、本法案の目的ではないのか? 
  • 3.社会保険のさらなる適用拡大について
  • (1) 今回の法案でも適用拡大の対象になっていない①従業員50人以下の企業で働く労働者、②週労働時間20時間未満の短時間労働者、③賃金要件を満たさない労働者には、社会保険を適用しなくてもいいと考えているのか、適用しなくてもいいと判断している合理的な理由とはなにか?
  • (2) 「兼業・副業」によって「複数の雇用関係に基づき複数の事業所で勤務する者が、いずれの事業所においても単独では適用要件を満たさないが、労働時間等を合算して適用要件を満たす」場合には社会保険の適用になるという理解でよいか? もしならないとすると、先の雇用保険法改正との整合性がとれないのではないか?
  • (3) 現行制度上、個人事業所における強制適用の範囲は、法定16業種に該当し、かつ常時5人以上の従業員を使用する者に限られているが、この16業種は1953年以来、一度も見直されていない。今回、10士業を追加する一方で、16業種は見直さない合理的な理由はなにか?
  • 4.基礎年金の底上げについて
  • (1) 2014年財政検証(オプション試算)以来、「保険料拠出期間の延長」が基礎年金水準の底上げに有効との結果が出ているにもかかわらず、それが今回も導入されなかった理由はなんなのか?
  • (2) 2019年財政検証の結果を踏まえ、給付の十分性をどう評価しているのか?
    最低保障機能を強化し直す必要があるのではないか? 例えば、基礎年金をマクロ経済スライドの対象から外すなり、そのために高所得者の基礎年金を一定水準から減額/カットするクローバック制度を導入するなり、制度改革を検討すべきではないか?
  • (3) 年金生活者支援給付金の給付額は、その目的に合致した水準になっているのか? 低年金者の底上げを考えるのであれば、むしろ定額の給付とすべきではないか?
  • (4) 現状、高齢者世帯(特に単身の女性高齢者世帯)における生活保護受給世帯/者が増加しているが、その理由はなんなのか? 公的年金の最低保障機能の不全/劣化が大きく影響しているのではないか? また、今後、中長期的に生活保護受給高齢者世帯がどう推移していくと分析しているのか? その改善策は今回の法案で図られているのか?

質疑の模様は、下記のインターネット中継でご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php

明日も応援宜しくお願いします。

post

☆明日5月14日(木曜日)厚生労働委員会で質問に立ちます☆

いつも応援ありがとうございます。

5月末までの緊急事態宣言の延長が発表され(明日には解除される県もでてきそうですが)、新型コロナウイルスとの戦いはいよいよ長期戦になってきました。

さて、明日5月14日(木曜日)、石橋議員が厚生労働委員会で質問を行います!

■議題はコロナ対策を念頭に置いた一般質疑です。

■石橋議員の質問時間は11:20~12:00(40分間)の予定です。

■なお、現時点での石橋議員の質問予定項目は以下の通りです。

1.「持続化給付金」の支給対象から風俗業等従事者が除外されている問題、及び、確定申告で給与所得申告していたフリーランサー等が支給対象から外れてしまう問題について雇用調整助成金の支給までの期間の短縮について

2.ウーバー・イーツ配達員で交通事故等が発生している問題について。加えて、雇用保険への加入や、安全講習/安全対策の義務など

3.学生アルバイトへの休業手当や失業給付(と同等の給付金)の支払など、直接的な支援・救済策、及び学生バイトを住居確保給付金の支給対象に加えたことの周知徹底について

4.ホームレス、ネットカフェ難民等対策、特に住まいの確保の状況/実態について

5.「生活福祉資金緊急貸付(緊急小口資金及び総合支援資金)」の申請/給付状況と今後のさらなる拡充について(返済免除対象など)

6.今年1月〜3月期の児童虐待件数の増加と新型コロナ/学校休校措置等の影響、児童虐待防止対策の強化、児童虐待が行われている際の定額給付金支給等について

7.母子保健法の健康管理措置に基づく医師等の指導の下で休業した妊婦への手当の支払いについて

8.自殺対策の強化について

9.介護崩壊の抑止について

10.厚労省『日雇労働者等技能講習事業』における「東京しごと応援団」の不正受給問題について、不正受給の内容及び長期に渡って杜撰なチェックが行われていた理由等

質疑の模様は、下記のインターネット中継でご覧頂けます↓

明日も応援宜しくお願いします!

post

☆5月11日(月曜日)予算委員会で質問に立ちます☆

いつも応援ありがとうございす。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が非常に大きく、社会的にも大きな変化が出てきています外出を自粛したり、他の人と外ではあまり会話しないようにしたり。これまで当たり前だったことが、今は当たり前ではありません。今まで普通にできていたことが、今はできません。その反動なのか、最近は色々なことに「ありがたみ」を感じるようになりました。

さて、5月11日(月曜日)、予算委員会で石橋議員が質問を行います!

石橋議員の質問時刻は 13:42~14:08(26分間)の予定です。

テーマは、「新型コロナウイルス感染症への対処等」に対する集中審議です。安倍総理も出席しNHKテレビの生中継も行われることになっています。

現時点の質問予定項目は、以下の通りです。

1.緊急事態宣言の延長判断と解除条件について

2.新型コロナの影響ですでに職を失うなど収入/生計手段を断たれている困窮者への支援を緊急的に強化する必要性について

3.これ以上の失業者を出さないための雇用調整助成金の一層の拡充/てこ入れについて

4.個人事業主/フリーランス/学生アルバイトの方々への支援策について

※質問時間は目安です。

なお、質疑の模様は、下記のインターネット中継でもご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php

今日も応援宜しくお願いします。

☆本日5月4日(月曜日)議院運営委員会で質問に立ちます☆

いつも応援ありがとうございます*

さて、本日5月4日(月)15時から開催される、議院運営委員会において、石橋議員が質問にたちます。

(NHKテレビの生中継も予定されています)

 

 議題は「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の延長」についてです。

 

冒頭、政府から延長についての報告・説明があり、自民党から5分質疑がなされた後に、野党のトップバッターとして質問を行います。

持ち時間が、往復7分と短い時間ではありますが、是非、応援をよろしくお願いします。

 

質疑の模様は、下記のインターネット中継でご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php

post

☆明日4月16日(木曜日)厚生労働委員会で質問に立ちます☆

いつも応援ありがとうございます。

今日は東京ディズニーランドの開園記念日です♪37年前の4月15日に「夢の国」がスタートしたんです♪残念ながら、現在は臨時休園中で、再開については5月中旬に判断するそうです☆1日も早く新型コロナウイルス感染症問題が終息し、「夢の国」に世代を超えた多くの人たちの笑顔と笑い声が満ち溢れることを願っています♪この気持ち、私だけじゃないですよね☆

さて、明日4月16日(木曜日)、石橋議員が厚生労働委員会で質問を行います!

■石橋議員の質問時刻は 10:00~10:40(40分間)の予定です。

■案件は新型コロナウイルス感染症問題を念頭に置いた「一般質疑」です。

石橋議員は、明日の厚労委では、与野党を通じたトップバッターとして、質問を行います。

なお、石橋議員の質問予定項目は、以下の通りです。

    1. 緊急事態宣言に基づく休業要請/指示に応じて休業した場合の従業員への休業手当の支払義務(労基法26条)の扱いについて。
    2. 「雇用調整助成金」の特例措置に関し、助成上限額(1人1日8330円)の引き上げの必要性について。
    3. ロイヤルリムジングループの600人解雇問題について。
    4. 雇用保険の失業等給付の拡充の必要性等について。
    5. 国民生活に必要な物流を支えるトラック運輸や宅配業界の労働者が、マスク不足に直面したり、謂われのない差別に苦しんでいる現状への対策について。
    6. 「生活福祉資金緊急貸付(緊急小口資金及び総合支援資金)」について。
    7. 「ネットカフェ難民」への支援措置並びに「住宅確保給付金」の拡充について。
    8. 繊維・衣服関係の外国人技能実習生に関する、緊急措置としてマスクの製造への従事について。
    9. 「生活支援臨時給付金」の諸問題について。
    10. 「持続化給付金」の対象者等について。
    11. 「児童手当」及び「児童扶養手当」の拡充等について。
    12. PCR検査の実施の現状と改善について。
    13. 新型コロナ対策としてのオンライン診療について

質疑の模様は、下記のインターネット中継でご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php

明日も応援宜しくお願いします。

post

☆本日3月30日(月曜日)厚生労働委員会で質問に立ちます☆

いつも応援ありがとうございます。東京は週末季節外れの雪が降り寒かったですね。皆さまお体くれぐれもご自愛下さいね。

さて、本日3月30日(月曜日)、石橋議員が厚生労働委員会で質問を行います!

■議題は「雇用保険法等の一部改正案」についてです。

本来、厚生労働委員会の定例日は火曜日・木曜日ですが、年度末ということもあり、本日、例外的に参考人質疑が開催されます。

 ■13時から以下の4人の参考人が15分ずつ意見陳述を行い、これを受け、石橋議員が 14:15~14:30(15分間)、参考人に対する質問を行う予定です。

(出席予定の参考人)

 ・日本商工会議所産業政策第二部長 湊元良明

 ・東京大学社会科学研究所教授 玄田有史

 ・日本労働組合総連合会副事務局長 石田昭浩

 ・日本労働弁護団幹事長 水野英樹

質疑の模様は、下記のインターネット中継でご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php