いつも応援ありがとうございます。寒い日が続いておりますので皆さま体調にはお気をつけてお過ごし下さいませ。

さて、本日1月23日(月曜日)第211回通常国会が召集されました。会期は、150日間です。本日午後、岸田総理は衆参両院で施政方針演説を行いました。

子ども・子育て、防衛力強化、原子力政策、貯蓄から投資、賃上げ、新型コロナウイルス等など、課題は山積みです。

とりわけ、第211回通常国会では、「安保三文書」や「原発推進」などの重大政策が論戦の中心となり、「増税内閣対野党」という対決の構図になることは確実です。論戦は、まず衆議院予算委員会から始まりますが、石橋議員も参議院予算委員会の野党筆頭理事として、戦いの最前線で全力投球を行っていきます。

なお、この通常国会には、新たに60本の法案が政府から提出される予定です。こちらについては、石橋議員は、国会対策委員長代理として、審議日程全般の差配を行わなければなりません。いずれも、秋の臨時国会に続いての大役であり、150日間という長丁場の通常国会となります。どうか皆さまの温かいご支援・激励を宜しくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)