post

「第147回 労働政策審議会労働条件分科会」を傍聴(秘書報告)

昨日(10月15日)午後4時から、「第147回 労働政策審議会労働条件分科会」が厚生労働省の建物の12階で開催され、石橋事務所を代表して傍聴をしてきました。

立憲民主党などの強い反対にもかかわらず、通常国会においては「働き方改革関連法案」が成立してしまいましたが、この法案の骨格部分の施行日(2019年4月1日)に間に合うように、労働条件分科会では政省令の議論が法案の成立後から行われてきました。既に「時間外労働の上限規制」と「年次有給休暇の取得促進」については議論が終了し、昨日から焦点の「高度プロフェッショナル制度」の議論が始まりました。

この日の議論は、制度そのものに現在でも反対をしている労働側代表委員を中心に発言が行われ、本人同意の具体的な方法と不同意や同意撤回の場合の不利益取り扱いの禁止、年収要件の算定方法及び額、健康管理時間から除くことができる時間及び健康管理時間を把握する方法、対象業務、職務の合意の方法(職務記述書の具体的な内容等)などに関し、緊張感あるやり取りが行われました。また、そもそも高度プロフェッショナル制度の適用労働者は高度な専門職であり、使用者に対して強い交渉力を持つ者でなければならないという趣旨に鑑みて、入社1年目などの労働者が、その対象に含まれることが適当なのかという問題などについても、労使の議論が行われました。

この日のやり取りを受けて、次回以降に再検討される項目も幾つかあり、また次回に初めて厚労省の原案が示される「限定列挙された具体的な対象業務」などもあることから、引き続き目が離せない状況です。

ところで、本日示された各項目に関する厚労省からの省令原案の背景として、国会における附帯決議と委員会質疑における政府答弁が記載されていましたが、参議院に関しては附帯決議の7ヶ所に対し、政府答弁がそれよりも多い9ヶ所記載されており、各回の委員会質疑の重要性をあらためて認識することとなりました。 (報告者:渡辺秘書)

 

post

「第1回 裁量労働制実態調査に関する専門家検討会」を傍聴(秘書報告)

DSC_0556

 本日(9月20日)午前10時から、「第1回 裁量労働制実態調査に関する専門家検討会」が厚生労働省の建物の18階で開催され、石橋事務所を代表して傍聴をしてきました。

 今年の通常国会においては、政府が裁量労働制拡大の根拠としてきた「平成25年度労働時間等総合実態調査」に数々の重大な誤りが発見され、働き方改革関連法案から裁量労働制の拡大が提出前に削除されるとともに、実態調査のうち裁量労働制に係るデータの撤回を余儀なくされる事態が生じました。また、その後も一般労働者のデータについても、異常値の続出や同一の調査票が6事業場について重複して提出されていたことなども判明し、再三再四に渡り、国会への報告も行われたところです。

 参議院における国会審議の中でも、この問題は焦点の一つとなり、参議院厚生労働委員会の附帯決議には、石橋議員の提案で以下の文言も盛り込まれました。

十八、裁量労働制については、今回発覚した平成二十五年度労働時間等総合実態調査の公的統計としての有意性・信頼性に関わる問題を真摯に反省し、改めて、現行の専門業務型及び企画業務型それぞれの裁量労働制の適用・運用実態を正確に把握し得る調査手法の設計を労使関係者の意見を聴きながら検討し、包括的な再調査を実施すること。その上で、現行の裁量労働制の制度の適正化を図るための制度改革案について検討を実施し、労働政策審議会における議論を行った上で早期に適正化策の実行を図ること。

 今回の検討会は、こうした経緯を踏まえて開催されたものであり、第一回目の本日は、主に調査対象についての有意義な議論が行われましたが、今後も月1回程度の会議を開催し、裁量労働制の実態把握のための新たな調査設計について、互選により選出された西郷浩早稲田大学政治経済学術院教授を中心に、年内を目途に議論の整理が行われる予定です。石橋事務所としても、新たに行われる調査が真に公正なものとなるよう、しっかりとウオッチしたいと思っています。

 最後に余談です。写真でおわかりになるかわかりませんが、今回の検討会は「ペーパーレス開催」で、各構成員・省庁担当者の机にはタブレットが置かれ、労働政策審議会などでお馴染みの膨大な資料の分厚いファイルの姿はありませんでした。私たち傍聴者も事前に公開された資料をデータで持ち込むか、プリントアウトして持って行くかになるのですが、今後はこうした形態の会議がどんどん増えていくのかもしれません。  (報告者:渡辺秘書)

 

インターンだより

9月3日から石橋みちひろ事務所でインターンシップ生としてお世話になります、中島と申します。

本日は、警備員さんのご説明を聞きながらの国会議事堂見学をさせて頂きました。なかなか入る機会のない場所ということもあり、とても緊張しました。

初めてのインターンシップですが、石橋事務所で多くのことを学び、経験を自分の武器にしたいと思います。

そして私を快く迎えてくださった石橋先生及び、秘書の皆様に感謝しております。

10日という少ない期間ですが、今日からよろしくお願い致します。

 

post

☆明日7月12日(木曜日)厚生労働委員会で質問に立ちます☆

いつも応援ありがとうございます。

◎明日12日(木曜日)厚生労働委員会で質問を行います。

案件は「健康増進法改正案(受動喫煙防止)」です。積み残しの重要課題について、最後までしっかりとした政府答弁を得るべく、私も全力で15分間の質問を行う予定です!

なお、既に本法案については、昨日の理事懇談会で、明日の午前中の審議終了後(昼前)に採決を行うことまで決定しています。石橋議員は、積み残しの重要課題について、最後までしっかりとした政府答弁を得るべく、全力で質問を行う予定です!

石橋議員の質問予定時間 10:15 ~ 10:30 (15分間)

現時点での質問予定項目は、以下の通りです。

 1.WHO事務局長からの書簡への返信/返答とその内容について

2.子どもをいかに受動喫煙から守るのか?

3.従業員をいかに受動喫煙から守るか?

4.加熱式たばこ専用喫煙室を飲食可能にすることの問題について

5.受動喫煙ゼロの目標について

 

なお、テレビ中継はありませんが、インターネット中継でご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php

※質問時間は目安です。当日の進捗で多少かわることもございます。

明日も応援宜しくお願いします!!

 

 

post

明日7月10日(火曜日)厚生労働委員会で質問に立つ予定です

いつも応援ありがとうございます。

このたびは、西日本の各地で記録的な大雨による土砂崩れや河川の氾濫などが発生し、被害に遭われた住民の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

◎明日10日(火曜日)厚生労働委員会が開かれます。

案件は先週木曜日に引き続き「健康増進法改正案(受動喫煙防止)」です。

午前中は参考人質疑を行い、立憲民主党からは難波奨二議員が10分間の質問を行います。

また、災害対応等で変更はあり得ますが、現時点では午後に対政府質疑が行われる見通しです。

その場合は石橋議員が質問を行う予定です。

石橋議員の質問予定時間 14:35~15:00(25分間)

石橋議員は、内閣提出法案と、希望の党・維新両党提出の対案の双方への質問を行います。

現時点での質問予定項目は、以下の通りです。

(対政府)

1.オリンピック委員会への報告/説明について

2.業務(営業)用車両への原則禁煙の適用について

3.喫煙可能な飲食店への20歳未満の者の立ち入り禁止について

4.親子連れの場合の20歳未満の者の入店について

5.時間帯限定喫煙可能施設や時間分煙の扱いについて

6.喫煙専用施設の事前指定制度について

(対議員立法発議者)

1.政府案が本当に受動喫煙をなくす大きな一歩になるのかの認識について

2.受動喫煙対策を実効性あるものとするための罰則(過料)のあり方について

3.喫煙専用室にかかる指定制度について

なお、テレビ中継はありませんが、インターネット中継でご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php

※質問時間は目安です。当日の進捗で多少かわることもございます。

 

post

★明日7月5日(木曜日)厚生労働委員会で質問に立ちます★

いつも応援ありがとうございます!もう7月に入りました~今年も半年が経ちましたね!早いです笑

さて、明日の厚生労働委員会で石橋議員が質問に立つことになりました。

■石橋議員の質問時間 11:45~12:10  (25分間)

■案件は「健康増進法改正案(受動喫煙防止)」です。

本法案は、本日、参議院本会議で趣旨説明質疑が行われ、明日が委員会審議の初日となります。(来週火曜日には、参考人質疑も予定されています。)

 現時点での質問予定項目は、以下の通りです。

 1.世界保健機関枠組み条約(FCTC)と本法案との関係について

2.5年後の見直し規定において、更なる規制強化が行われるかについて

3.「望む受動喫煙」の存否と定義について

4.モデルケースにおけるPM値と健康被害の程度等について

5.「既存特定飲食提供施設」について

6.従業員の受動喫煙からの保護について

7.違反者への罰則の適用とその実効性等について

8.「加熱式たばこ」について

9.新規店の今後の占有率等について

10.  学校における敷地内全面禁煙の必要性について

11.  ニコチン中毒者対策について

なお、テレビ中継はありませんが、インターネット中継でご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php

※質問時間は目安です。当日の進捗で多少かわることもございます。

明日も応援宜しくお願いします!!

 

 

 

post

★明日7月3日(火曜日)厚生労働委員会で質問に立ちます★

いつも応援ありがとうございます。今日から7月ですね。東京は梅雨明けとともに連日うだる暑さが続いております・・・皆さま体調崩されないようにお気をつけ下さい!

さて、明日の厚生労働委員会で石橋議員が質問に立つことになりました。

石橋議員の質問時間 13:20~13:40 (20分)

案件は一般質疑(厚生労働省の所管事項全般についての質問が可能)です。

 ■現時点での質問予定項目は、以下の通りです。

 1.働き方改革関連法(労働基準法改正)関連

2.児童虐待事例のプロファイリングと原因分析/原因究明の実情について

3.外国人技能実習生に係わる諸問題について

4.日本年金機構による年金過小支給問題及び外部委託に係わる問題について

なお、テレビ中継はありませんが、インターネット中継でご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php

※質問時間は目安です。当日の進捗で多少かわることもございます。

明日も応援宜しくお願いします!!

 

post

☆明日6月28日(木曜日)厚生労働委員会で質問に立ちます☆

いつも応援ありがとうございます!今日の東京は朝からムシムシ暑く連日空梅雨が続いてますね。

皆さま、熱中症や体調の管理にはお気をつけください!

さて、石橋議員が、明日28日(木曜日)厚生労働委員会で「働き方改革関連法案」に対し質問します。

本日の参議院本会議で、野党提出の加藤厚生労働大臣問責決議案が残念ながら否決されてしまったことを受け、明日の参議院厚生労働委員会がセットされました。審議時間は異例の2時間です。(通常の厚生労働委員会の審議時間は6時間)。与党からは、再度、「働き方改革関連法案」の採決の提案が既に行われており、野党が採決に反対する中、明日の委員会は緊迫した状況で推移することになります。明日も、是非応援を宜しくお願いします!

石橋議員の質問時間 10:35~11:00(25分間)

 現時点での質問予定項目は、以下の通りです。

1.現行の裁量労働制において過労死等が発生している構造的な問題について

2.企画業務型裁量労働制の本人同意について

3.高プロの対象業務違反が確認された場合の法的効果について

4.高プロ適用労働者の出産・育児休業の取得について

5.高プロ適用労働者の「保育の必要量の認定」について

6.健康確保措置の有効性について

7.健康管理時間の実態等についての報告義務について

8.高プロは労働者が働き方を選択する制度であるとの政府答弁について

9.本人不同意の際の不利益取り扱いの禁止について

10.労使委員会の構成/成立要件について

*なお、テレビ中継はありませんが、インターネット中継でご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php

※質問時間は目安です。当日の進捗で多少かわることもございます。

 

post

★本日6月26日(火曜日)厚生労働委員会で質問に立ちます★

いつも応援ありがとうございます!今日の東京は朝から真夏日のように暑くて空梅雨ですね。

さて、本日の厚生労働委員会で石橋議員が質問に立つことになりました。

「働き方改革関連法案」に対し、安倍総理に質問します!

昨日、午後5時30分から開催された参議院厚生労働委員会理事懇談会において、急遽、本日の厚生労働委員会における「総理入り質疑」がセットされました。通常「総理入り質疑」は、対政府質疑において論点が出尽くし、最終的に総理の決断を求める場合に行われることから、現段階での「総理入り質疑」に対しては、石橋議員は断固反対し、更なる審議の続行を求めましたが、与野党の筆頭理事が合意したことで、委員会が開催されることになりました。

なお、本日は「総理入り質疑」と通常の対政府質疑の2回、石橋議員は質問に立ちます。

石橋議員の質問時間

12:05~12:20(15分間)「総理入り」

15:00~15:40(40分間)対政府

現時点での質問予定項目は、以下の通りです。

(総理入り)

1.高プロ制の問題点の認識について

2.高プロ制における成果に応じた処遇の担保について

3.高プロ制における年収要件について

4.高プロ制の対象労働者の不同意や同意の撤回の際の対応について

5.残業時間の上限規制における特例水準の乱用防止について

6.同一労働同一賃金の実現について

7.パート有期雇用労働法案における均衡待遇・均等待遇の立法趣旨について

(対政府)

1.高プロの年収要件について

2.企業側が高プロ制の選択を採用条件とした場合の対応について

3.労使委員会の決議違反の場合の扱いについて

4.労使委員会の構成/成立要件について

5.フレックスタイム制の清算期間延長に伴う問題について

6.パート有期雇用労働法案の効果等について

 

なお、テレビ中継はありませんが、インターネット中継でご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php

※質問時間は目安です。当日の進捗で多少かわることもございます。

与党からは本日の委員会で法案採決の提案もなされており、これに強く反対する野党との間で緊迫した状況が予想されます。皆様の力強い応援をよろしくお願いします!(^^)!

 

post

★明日6月19日(火曜日)厚生労働委員会で質問に立ちます★

いつも応援ありがとうございます。今日の東京は1日雨で梅雨空でした。

さて、明日の厚生労働委員会で石橋議員が質問に立つことになりました。

これで石橋議員の今月の国会質問は6回目となります。

なお、案件は引き続き「働き方改革関連法案」です。

石橋議員の質問時間 : 12:00~12:30 (30分間)

「働き方改革関連法案」に関する審議も後半となり、明日の石橋議員は、以下の通り高度プロフェッショナル労働制に絞った質問を予定しています。

1.高プロの年収要件の詳細について

2.決議違反の法的効果と、違反に関する省令における具体的な規定について

3.適用労働者が高プロの対象から外れた場合の実労働時間の確認について

4.高プロへの同意が採用の条件となった場合の「不利益取り扱いの禁止」との関係について

5.高プロの派遣労働への適用の可否について

6.高プロにおける労使委員会の構成要件等について

*なお、テレビ中継はありませんが、インターネット中継でご覧頂けます↓

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php

※質問時間は目安です。当日の進捗で多少かわることもございます。

明日も応援よろしくお願いします!(^^)!